29Dec
2013
0

朗読タイム!

「こども英語のGengoWorld!」では毎回10分~15分程度の朗読タイムを設けています。

ネイティブの先生が生徒さんのレベルに合わせて1文節または1文章ごとに内容を読み、生徒さんに同じことを復唱してもらいます。

教材はRandom Houseというアメリカで教育を受けた方なら誰でも知っている大手出版社のStep Into Readingというシリーズです。 アマゾンで検索していただければ1冊500円程度で購入できます。

効果はいろいろです。

まず、当然ながら正しい発音が身につきます。

そして英語のリズム感、言葉の流れが脳裏に刻まれ、いずれ英語で長い文章を書くときに役立ちます。

あえて日本語には訳さないのですが、なぜが語彙も増えていきます。 自分なりにストーリーを解釈するので幾度も幾度も復唱する中で言葉の意味も理解していくようです。

先生が型にはまった直訳言葉を押し付けないので、「I love you.」を場の雰囲気に応じて「大好き。」、「一緒にいたい。」、はたまた「だいっ嫌い!」と訳せるような子が育ちます。 「直訳」ではなく「翻訳」する能力(または行間を読める力、場の空気を迅速に把握する力)が養われます。

実は同じ手法は自分の子供たちに何年も続けてきました。  本を朗読するだけですが、英語を学ぶための基盤ができていたのでしょうか、英検5級の勉強を小学校2年生の途中からはじめ、半年後に合格することができました。 そして英検4級も半年後に合格できました。 現在3年生で、3級の受験を来月控えています。 英語の勉強に費やす時間は週に1時間あるかないか。 さてどうなることやら・・・

No Comments

Reply