16Dec
2013
0

盲導犬の育成について

英語教育とはまったく関係がありませんが、管理人一家は盲導犬の育成のお手伝いを少しだけしてます。

パピウオーカーといって盲導犬の候補となる赤ちゃん犬を1年間だけ家族の一員として預かって育てるのです。 現在は薄茶色のラブラドールのD君を預かっています。 パピーヲウオーカーはこれで2頭目。 前回はP君という黒色のラブラドールを預かっていました。

そして昨日は静岡県富士宮市にある日本盲導犬協会の飼育センター「富士ハーネス」で恒例のクリスマスイベントに参加してきました。 雲ひとつない晴天、富士山もとてもきれいでした! そんな景色も気にせず穴掘りに一生懸命なD君です。

GengoWorld!にお越しの際は(ご要望があればD君を連れて行きますので)D君を可愛がってあげてください。 このパピーは来年4月から盲導犬になるための訓練に入る予定です。

No Comments

Reply